social force(ソーシャルフォース)は、NPO・NGOを対象として、Salesforce(セールスフォース)の導入支援を行っています

socialforceからのお知らせ / セミナー情報

最新の一覧に戻る

【FRJ2016】3/12夕方:ファンドレイジングに活かすデータベース入門編

2016.2.29

ファンドレイジングに活かすデータベース入門編
~Salesforceの導入から活用まで徹底解説~

http://jfra.jp/frj/2016/session/

日時:3月12日(土)17:20~18:40
会場:芝浦工業大学 豊洲キャンパス
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/toyosu.html

Salesforceは、全国で670団体以上の非営利団体が利用する クラウド型の会員管理・支援者管理・事業管理アプリケーションです。
名簿や入金管理だけではなく、イベントなどの参加履歴の管理、案内メールの一括配信、WEBによる申込フォームの作成、寄付の分析、販売管理、施設管理など多様な機能による“支援者管理”、“事業管理”を実現することができます。
本セッションでは、Salesforceの概要から、ファンドレイジングに必要な“分析”“実行”“管理”の秘訣をご紹介します。

<スピーカー>
遠藤 理恵 Salesforce.org Senior Manager
国際協力銀行に勤務後、国際交流基金のロンドン事務所にて日英文化交流に従事。帰国後、WFP 国連世界食糧計画 の日本における民間協力の公式支援窓口である国連WFP協会にて、世界の飢餓と貧困の撲滅に向けて企業・団体とのパートナーシップ構築に取り組む。2007 年5月よりセールスフォース・ドットコム ファンデーションにて社会貢献活動とビジネスを統合した1/1/1モデル(People、Technology、Resourcesを地域社会に還元)の推進に尽力。

小堀 悠(認定ファンドレイザー/認定講師) NPO法人NPOサポートセンター 事務局長
学生時代より、環境団体、まちづくり団体の設立や運営、資金調達などに携わる。 卒業後、民間企業のSEとして企業や組合など様々な組織を対象に約60のシステム 設計・構築案件に従事。2009年より(特活)NPOサポートセンターに入職。 主にNPOのマネジメントや資金調達をテーマとした研修・セミナーの企画および 講師、 支援者データベースをはじめとする資金調達や組織運営のサービス普及に取り組む。 中小企業診断士。salesforce認定デベロッパー。

吉田 憲司(認定ファンドレイザー)株式会社ファンドレックス 取締役
組織デザインと組織開発に携わり10余年となります。最初のキャリアは企業での情報セキュリティをテーマとする組織デザインでした。2008年からは非営利団体、近年は行政、地域コミュニティ等に顧客の幅を広げ、様々な社会課題と関わり日々自分なりの取り組みを進めています。組織デザインと組織開発ではITを活用します。2010年には「ファンドレックスDRM基本パック」を開発、2012年に株式会社セールスフォース・ドットコムよりPartner Award 2012を会社として受賞しました。